NEWS

六甲山 みはらしの塔 – テルミンと光のコラボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現代アートの展覧会六甲ミーツ・アート芸術散歩 2017出展作品として開催中の「flow ライトアップの民主化」において、”音と光の連動システム”のプログラムを担当致しました。

異国情緒漂う西側エリア内のシンボル「見晴らしの塔」にて、お客様の奏でるテルミンの音色に合わせて、ライティングの変化をお楽しみいただけます。
テルミン(1919年にロシアの発明家レフ・セルゲーエヴィチ・テルミンが発明した世界初の電子楽器。)

同期間中にはエリア内「自然体感展望台 六甲枝垂れ」のライトアップイベント、六甲山光のアート「Lightscape in Rokko 秋バージョン~秋は夕暮れ~」を開催し、「見晴らしの塔」と、「六甲枝垂れ」の2つの光のアートの競演を、眼下に広がる1000万ドルの夜景とともに、お楽しみいただけます。


◆見晴らしの塔 「flow ライトアップの民主化」
六甲ガーデンテラス内にある、見晴らしの塔を、照明アーティスト・伏見雅之氏の演出で、お洒落にライティングします(10月14日(土)、15日(日)にはテルミン演奏と照明のコラボライブを予定)。
お客様の奏でるテルミンの音色に合わせて、ライティングの変化をお楽しみいただけます。
【開催期間】 9月8日(金)~11月23日(木・祝)
【公式サイト】https://www.rokkosan.com/gt/event/cat_art/1868/

◆自然体感展望台 六甲枝垂れ 六甲山光のアート『Lightscape in Rokko秋バージョン 「秋は夕暮れ」』
1000万色以上の色彩表現ができる最新のLED照明器具を使い、限りなく自然光に近い光で展望台全体を覆うフレームを内側から照らす光のイベントです。
今年のテーマは<枕草子>。新テーマでは、清少納言が記した、日本人が昔から親しんできた四季折々の情景を、季節毎に春・夏・秋・冬の4パターンで表現します。
【開催期間】 9月9日(土)~11月23日(木・祝)
【時間】 17:00~21:00(20:30受付終了)
【公式サイト】https://www.rokkosan.com/gt/event/cat_art/1897/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*